入居審査についての疑問点など解説させて頂きます。

名古屋市中区の賃貸(マンション、アパート)ならエイブルネットワークのリードワンへ!

保証会社ってなに?保証人ってなに?

名古屋の賃貸マンション、賃貸アパート エイブル上前津店 大須・栄エリア ナビへ

  • 052-242-3337
  • 営業時間 10:00~19:00

会員の方

閉じる

入居審査について

賃貸マンション・賃貸アパートを借りる際の入居審査についての疑問にお答えさせて頂きます。

入居審査ってなに?

住みたいお部屋が見つかったら、必ず行われるのが入居審査です。ご希望されるお部屋のお申込み手続きを行い、大家さん管理会社へ申込の意思を伝えます。(書面にて)

この段階ではまだ契約ではありません。借りたいお客様と貸したい大家さんの同意があって初めて契約となります。

住みたいとの希望だけでは、お部屋を借りる事はできません。

お申込みをして頂き、入居審査の承認を頂いて晴れて賃貸契約へと進むことができるのです。

なんで審査をする?

入居審査は安心してお部屋を貸せるかを大家さん・管理会社が判断・検討するものです。

入居者の立場では理解しにくい点もありますが、借りる側でなく、逆に大家さんの立場になると考えやと思います。

貸す側はできるだけ家賃の滞納や近隣トラブルなどを起こす可能性がなさそうな人に入居してもらいたいと考えます。

(家賃滞納や近隣トラブルを歓迎する大家さんはもちろんいらっしゃいません)

ですので、申込書をご記入頂き書面で入居審査を行います。

入居審査を行うには

申込書のご提出(ご記入)を頂きます。

※申込書の書式は物件ごとに異なります。

申込書にはお申込者様の

・住所・氏名・連絡先・勤務先(通学先)・勤続年数・ご年収などをご記入頂きます。

連帯保証人が必要な場合も同様の内容の情報をご記入頂きます(申込時は代筆で基本は大丈夫です)

申込書の他に、お申込者様の公的身分証明書(運転免許証など)が必要になります。

その他物件により異なりますが、収入証明・社会保険証などが審査時に必要になる場合もあります。

連帯保証人?

連帯保証人とは、もし契約者が家賃の滞納などをした場合に契約者と同様の責任を生じる為、契約者の代わりに支払いの義務が生じる人の事です。

連帯保証人は基本的に親族の方(3親等以内)と言われる事が多いです。連帯保証人には家賃を保証できるだけの収入が必要です。また管理会社の規定で保証人の年齢に制限がある事もあります。

(お若い方や高齢の方は連帯保証人として認められないケースがあります)

連帯保証人を頼める人がいない場合には【保証会社】へ加入し保証料を支払う事で連帯保証人が不要で契約できる物件もあります。

最近では連帯保証人は最初から不要で、保証会社への加入が必須の契約も増えてきてます。

※物件により連帯保証人・保証会社への加入どちらも必要となる物件もあります。

保証会社って?

保証会社とは賃貸の契約の際に必要な連帯保証人を代行する会社です。

お部屋を借りる方と保証会社で保証委託契約を締結し、万が一契約者が家賃を滞納などをした場合に

契約者に代わって一時的に保証会社が代弁済を行う会社が保証会社です。

(その後保証会社からご契約者様へ督促の連絡が入ります)

最近では保証会社を利用するケースが多く、保証会社を利用する事で以前多く預かっていた敷金などの金額が下がり

入居費用は以前に比べ安くなってきてます。

保証会社も複数社あり、審査の内容は保証会社により異なります。

大きく分けると二通りの保証会社があります。

①クレジットカード会社などの信販系の保証会社

②賃貸の家賃保証をメインに行っている保証会社

信販会社系の保証会社はお持ちのクレジットカードで事故(滞納)などが過去にありますと審査は非常に厳しくなります。

信販系の審査の際は各カード会社様の情報機関でデータを共有している為、カード会社が違っても事故がある際は要注意です。

信販系の審査は事務的ですので、審査の結果は比較的早く分かります。

※入居審査が不承認の場合、当然ですがエイブル上前津店ではキャンセル料等は全く頂きません。

賃貸の家賃保証をメインに行っている保証会社は各社で審査内容がことなりますが、複数ある保証会社の中でも

過去の滞納歴などを共有している保証者のグループ(A)と情報の共有を行わないグループ(B)があります。

すべて情報を共有しているわけではないとは思いますが、Aグループの保証会社で以前滞納などがあった場合はAグループの入居審査は厳しくなる事があります。

Bグループの保証会社は情報の共有を行っていませんので、各保証会社で独自の審査を行います。

審査内容は各社異なります。

※情報や必要書類のみを提出し本人や緊急連絡先に連絡などは入らない保証会社、外国籍の審査に強い保証会社、保証人不要で申込をしたが契約者様の内容により保証人をつけて欲しいと言われる保証会社、絶対に保証人を必要と言われない保証会社などがあります。

保証会社を不動産仲介業者の方で複数件選べる物件もあれば、管理会社・大家さんが指定する保証会社しか利用できない物件もあります。

以前滞納をしてしまったが、今は未納分などは全くないのに入居審査が心配!なんて方は、

苦手な審査や過去利用された保証会社などをお教え頂ければ、色々なアドバイスをさせて頂きお部屋をご紹介させて頂きます。

収入にあった家賃のお部屋を選びましょう

よく言われるのは、無理なく支払える家賃の金額は収入の約3割と言われます。

収入に見合わない高額の家賃のお部屋は支払いが滞る可能性があると判断されるため審査が通りにくいと言われます。

 

また、個人事業主様で収入を低めに申告されている場合も入居審査は厳しくなります。

無職・休職中のお申込みについて

学生以外でお仕事をされていない方は入居をお断りされる物件も多数ありますが、どの物件も絶対に契約できないわけではありません。

入居審査次第になりますが、預貯金の残高をご提出して頂く事で受付ができる物件もございます。

(審査が厳しい物件は受付ができません)

預貯金の目安は一般的には家賃の約1年分の残高があれば・・・と言われますがそれ以下でも審査の承認を頂けるケースもあります。

また、次の採用が決まっている場合は採用通知や内定通知などをご提出頂ければ、基本的には審査をして頂けます。